直線上に配置


知られざる探検家列伝


                      

  日本にも、歴史上多くの探検家、あるいは冒険家と呼べる人が登場しています。間宮林蔵、河口彗海、大谷光瑞、白瀬矗、あるいは植村直巳……。しかし、ほとんど知られていないものの目を見張る業績を築いた人や、痛快・傑作な行動をとった人がたくさんいます。 私は、そんな人々に焦点を当ててみたいと思いました。
  知られていないということは、あまり資料がないということです。それでも断片的な情報から紹介を試みたいと思います。なかには資料が怪しげで、本当に実在したのかさえ疑わしい人もいますが、それも一興でしょう。マジメな調査研究ではなく、オモロイ人探しと思ってください。
  条件は「戦前の日本人」ですが、時には枠からはみ出ます。私の好みで、探検でなくても、戦後でも、日本人でなくても、その行動が面白いと思えば収録します。
  もし紹介した人物のもっと詳しいことを知っている人がいらっしゃれば、連絡ください。また、こんな「知られざる探検家」を知っているという情報もお待ちしています。
 



目次

(1)日本人最初の海外渡航者
(2)小笠原諸島を発見した島谷市左衛門
(3)明治初期に中央アジアまで旅した今野厳太
(4)空に挑戦した表具屋幸吉と安里周祥
(5)チリ革命に義勇兵として参加した石端禹三郎
(6)大雪山の名付け親・小泉秀雄
(7)ドイツ軍艦をニューギニアで乗っ取った小嶺磯吉
(8) アンコールワットに落書きした森本右近太夫
(9)アイヌの救世主になろうとした小谷部全一郎
(10) チモール島の特務機関・鳳と松
(11) 隠密か?生態学の先駆者・畔田翠山
(12) チベットの陸軍大将?になった矢嶋保治郎
(13) 無人島開拓に挑んだ玉置半右衛門
(14) 幕末、ロシアに亡命した橘耕斎
(15) 無茶苦茶千島探検家の郡司成忠
(16)三つの顔を持つボルネオ探検家・里村欣三
(17) 戦争中の探検カメラマン・藤波健彰
(18)戦乱の中、淡水魚求めて世界を歩いた木村重
(19)元祖ヒッチハイカー&元祖サイクリスト
(20)反射望遠鏡を完成させた国友藤兵衛一貫斎
(21)※ゲバラとともに戦った日系人
(22)※ナイル川の本当の源に到達した早大探検部
(23) アフリカに最初に?渡った日本人
(24)日本の星の王子様・バロン滋野
(25)天竺めざして旅立った高丘親王
(26)小笠原諸島に新天地開いた折田家
(27)中央アジアを探索した西徳次郎
(28)娼婦になりたかった本庄幽蘭
(29)イケイケドンドン、トンガ丸の冒険
(30)日本初?探検ジャーナリスト江見水蔭
(31)密貿易の冒険者・会津屋八右衛門
(32)幻の島を探し、大漂流した水谷新六
(33)唐天竺を巡礼した? 渡辺幸庵
(34)台湾に魅せられた鹿野忠雄
(35)※鎖国日本へ潜入したインディアン
(36)西部劇の舞台を訪れた野津道貫 
(37)厳冬シベリアを隊商と横断した玉井喜作
(38)“南方領土”を発見した小倉卯之助 
(39)メッカを巡礼した異教徒・山岡光太郎
(40)世界の性風俗を研究した九十九黄人
(41)最後の本草学者 賀来飛霞
(42)国を出た?謎のからくり師大野弁吉
(43)アメリカで黒人に決起を促した中根中
(44)ムッソリーニの友 下位春吉
(45)蝦夷地探検の先駆者 青島俊蔵

(46)インドシナで海賊になった谷右衛門七
(47)台湾でオランダと戦った浜田弥兵衛
(48)※太平洋を初めて渡った田中勝介ほか
(49)ロシア皇太子と一夜を共にした道永栄子
(50)日本人初!メコン川を下った早田文蔵
(51)琉球国乗っ取りを企てた三宅国秀
(52)南洋の酋長を拉致した後藤猛太郎
(53)樺太を一周した岡本監輔
(54)南極からボルネオまで駆け巡った多田恵一
(55)初めてローマ法王に謁見したベルナルド
(56)自転車を発明した平石久平次
(57)※明治の川をカヌーで下った英国人
(58)八重山・台湾研究の先駆者田代安定
(59)動乱のアフガンを撮影した尾高鮮之助
(60)大台ヶ原に分け入った野呂介石
(61)中央アジアを駆け抜けたスパイ上原多市
(62)幕末に密航して商機を得た大浦お慶
(63)ロシアに拉致され脱走を計った五郎治
(64)戦中にニューギニアを博物調査した新穂智
(65)ローマまで歩き、日本に潜入したペドロ岐部
(66)南洋の島の王になった村岡伊平治
(67)スペイン内戦に散ったジャック白井
(68)明治初年に大陸横断した嵯峨寿安



直線上に配置

  トップページ

安楽椅子で紡いだ探検記
 
 ナンバワン、ソロモン! ソラック、ボルネオ
生駒通信ここだけの話
  安楽椅子探検家のプロフィール  リンク