ナンバワン,ソロモン!

首狩り族の島探検記


  このページからは、私が1991年に行った南太平洋のソロモン諸島火山洞窟調査の報告紀行をリンクします。
  私は、1983年に一人で南太平洋を旅しましたが、なかでもソロモン諸島を巡っている時にシンボ島で火山の頂に火口洞窟を発見・確認しました。そこで8年後に本格的に調査するために、静岡大学探検部の協力を得て、学生4人とともに隊を結成して行ったのです。
  当時は安山岩でできている火口洞窟そのものが珍しかったのですが、それ以外にも島に伝わる伝説や民話、そして島民は、首狩り族の末裔であることや、様々な遺跡が残されているため、民族学的な調査も目的に加えました。ここでは、洞窟調査の結果だけでなく、それら他の調査内容や、島民との交流やトラブルなども交えて、私個人の記録の形に再編したものを掲載します。かなりの長編ですが、飽きずに読んでいただければ幸いです。
  思えば、私にとってもっとも「探検」らしく、もっとも全力を尽くした最後の活動だったかもしれません。同時に、ソロモンという小さな国の現在と未来に興味を引かれました。一見洞窟だ、ジャングルだ、首狩り族だ、と古典的な探検の香のするテーマですが、今という時代からは離れられなかった点でも勉強になったいえるでしょう。もっともこの「探検」の頃から多くの歳月が流れ、さらに大きくソロモンの状況は変わっています。その点についても最後に触れたいと思います。
  なお、このページのタイトルとした「ナンバワン、ソロモン!」とは、現地のピジン・イングリッシュで、「ソロモン万歳!」といった意味です。ナンバワンとは、 ナンバー1、ベリーグッド、ワンダフルなどを表す単語だと思ってください。



(1)シンボ・ネゴシエーション第一幕
(2)メラネシアの島々
(3)シンボ・ネゴシエーション二幕目
(4)シンボ島への道
(5)洞窟をめぐる伝説
(6)死者の国へ
(7)伝説になった日本人
(8)しゃれこうべの塚探訪
(9)熱き大地の部族
(10)湖と卵と海底温泉
(11)タプライの岩面刻画
(12)ハウツウ、クビカリ
(13)謎のシンボ創成神話
(14)国会議員ルーペン・リロ・インタビュー
(15)マイケルの憂鬱
(16)ブーゲンビル・クライシス
(17)ブーゲンビル・クライシス2
(18)カーゴカルト
(19)ブッシュに帰れ!
(20)フェアウェル・パーティ
あとがきにかえて・ソロモン諸島のその後

直線上に配置


トップページ

 
  知られざる探検家列伝  安楽椅子で紡いだ探検記  ソラック、ボルネオ  
安楽椅子探検家のプロフィール   ここだけの話コラム リンク集