森林ジャーナリスト 
 田中淳夫の仕事館



最新刊!

『森は怪しいワンダーランド』

『樹木葬という選択〜緑の埋葬で森になる』
森と日本人の1500年

『樹喜王 土倉庄三郎』販売開始!

 おそらく森林ジャーナリストを名乗っている者は、日本で私一人だろう。林業(林政)ジャーナリストや環境ジャーナリストといった肩書を使う人はそこそこいるのだが、私はいずれにも該当属しない。林業・木材産業の業界記者ではないし、ゴミ問題から地球レベルまで含む環境の文字を冠することにも躊躇する。そこで森林を核に自然レベルから地域社会まで包括的に捉える意味を込めて「森林ジャーナリスト」を使っている。そして森と人の関係を考える森林ジャーナリズムというものを確立できないかと模索しているのである。
 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ

これが著作だ!

これが講演だ!

ゴルフ場環境論

幻?のエッセイ集


森人類
king


土倉庄三郎
裏ブログもあるよ

テーマ]
 手がけるのは国の内外の森林。自然であり、人間の生活の舞台。
 ・森林生態学、植物学、動物学、土壌・地質に水文学など自然科学系
 ・林業・木材産業、木工、建築まで
産業系。さらに農業、畜産業、水産業も。また森林資源や産物と関わる伝統工芸(和紙、漆、養蚕、割り箸など木工品)も手がける。
 ・林政田舎暮らしなど田舎論、地域づくり論都市論……など
政治・行政・地域系
 ・歴史系も結構手がける。どちらかというと産業史、自然史、人物など。
 ・さらに隙間分野。里山、森林療法・森林セラピー、環境教育、ゴルフ場葬送民俗。アウトドアや旅、観光……教育問題国際紛争などの社会派ルポも書けば、エッセイも手がける。手当たり次第である(^^;)。

[スタンス]
  賛美モノ・告発モノとは一線を画す。複雑になろうと、各立場の視点を総合的に見たい。森の上を高く飛ぶ鳥の視点で全体像を描くとともに、森の中に入って猿の目を大事にしたい。そして虫の立場で微細な動きにも目を配る。常に裏を読む

[執筆舞台]
  執筆は書き下ろしの書籍に重きを置いている。もちろん雑誌もこだわらない。新聞などにも執筆。近年はネットも増えてきた。
  Yahoo!ニュース個人に書き下ろし。ほかブロゴスへも掲載。
  
  なお小学生用から中高生向きの模試・問題集、そして大学の入試問題などの国語の問題に、よく著書の文章が使われる。

[プロフィール]
  1959年大阪生まれ。小学生の頃から、本はなんでも読みふける。
  中学、高校校は北九州市へ。中学で図書委員長、高校で図書部長を務めた。
  大学は、静岡大学農学部林学科に所属。森林生態学動物行動学にハマって猿の本を読みふけり、年間100日近くフィールドに出ていた。また探検部に所属。洞窟などを主なフィールドとした。一方で創部10周年記念にボルネオにオランウータン調査に遠征する。その手記を旺文社の「蛍雪時代」に掲載。これが最初の原稿料となる。

  卒業時は、急にマスコミを目指す。東京の編集プロダクションに勤めたものの大阪事務所に赴任。そこで退社・転職したため、その後の拠点は関西となった。
  その後出版社、新聞社に勤めた後に、1992年独立。現在に至るまでフリーランス。

  転職の間に海外遠征を幾度か。執筆を本業とする。雑誌、新聞もあるが、書籍出版が中心。なお、付随した講演活動も行う。著作については、上記の「これが著作だ」を参考のこと。

  現在、奈良県在住。里山・林業地、山村、歴史の舞台を抱え、京阪神など大都市に近い一方で、東京の雑音からは遠い。
もう一つの横顔 安楽椅子探検家            生駒ジャーナル

   興味の湧いた方はメールをください。仕事もください。